【連載企画】シェフズグリエ 店長「山川 遊」

ABOUT US

店長 山川さん
勤務歴:1年半
出身:沖縄県名護市
おすすめのメニュー:牛タンシチュー

シェフズグリエで働く人たちにフォーカスしたこのコーナー。
お店の魅力をまとめた記事はこちらから

最初にご紹介するのは、33歳と若くして店長を務める山川さん。常にお客様に寄り添った接客、そして、スタッフ一人一人に気を配った教育でお店をまとめる頼もしい存在です。

大学時代、シェフズグリエのグループ会社にてアルバイトとして働いていた山川さん。学校を卒業したあとは県内のIT企業に勤めていましたが、時より頭に浮かぶのはバイト時代に経験した接客の楽しさ。
貯金が貯まったことをきっかけに、意を決して会社を退職。那覇に移り住み、毎日いろんなレストランやバーを周る日々が続きました。

「やっぱり自分は飲食の世界でもう一度チャレンジしたい」

そんな思いが固まった頃、バイト時代に仲の良かった先輩が働いていたのがこの「シェフズグリエ」。
系列店での経験を経たのち、店長としてお店を任されることになりました。
現在は約10名のスタッフをまとめ、隣にある「生け簀の銀次」の店長も任される山川さん。

スタッフさんからは、

営業面では、とにかく気配りと配慮が素晴らしい。空調をこまめに気にしたり、スーツケースを持っていたお客さんにさりげなく旅行のお話を聞いてみたり。お誕生日のお客様には、その方がおかえりの際にメッセージを書いて渡していることもありました。常に、お客様が求めている以上のことを考えている気がします。
スタッフとは、その人の力量に合わせてフォローに入ったりアドバイスに入ったり。とにかく人のことを考えている店長です。このお店は、本当に働く人の良さでできている。素敵な人たちが集まるのは、店長である山川さんのおかげです。

そんな声が多く、みんなからの信頼もかなり厚い様子。
接客や人との関わり方で気をつけていることは何なのでしょうか?

アルバイト時代やこの業界に復帰した直後は、サプライズなどでお客様の笑顔をみるのがやりがいでした。
でも今は、どれだけお客様の気持ちやシチュエーションに合わせた接客ができるのかが、働く上で重要だと思っています。
どうしてうちのお店を今日選んでくれたのか。デートなのか、普段通りのお食事なのか、元気がほしいのか、リラックスしているのか。年齢や関係性まで判断して、どれだけお客様との気持ちに近くその場を演出できるのかを常に心がけていますね。シェフズグリエは料理も美味しい。お客様が求めるより上の付加価値をつけることで、もっと素晴らしいお店になると思うんです。

社内の教育に関しては、オンとオフの切り替えを意識しているという山川さん。

僕たちのお店は、スタッフの仲がとても良いんです。コミュニケーションをとりながら、時にはふざけあったりもします。
でもお客様を迎えるにあたりミスがあってはいけないし、自分の緊張感を表に出すことで自然とオンの空気を作るようにしています。というのも、この方法が今のチームにあっていると思うんですよね。リーダーの振る舞い方は、組織によって変えていかなければならない。厳しい役割なのか、和ませる役割なのか。今のシェフズグリエには、僕が臨機応変にオンオフを切り替える方がうまくいくと思っています。

スタッフさんからは、「優しい」「あまり怒らない」などのイメージが強い印象の山川さん。
しかしその背景には、チームの調和を何よりも大切にするリーダーとしての強い意志を感じました。


このコーナーでは、新都心にある「シェフズグリエ」のスタッフさんにフォーカスしたコラムを毎週配信中。
次回の配信もぜひおたのしみに!



シェフズグリエ

住所:那覇市おもろまち4-12-9 2F (シュープラザ近く)
電話番号:098-963-9825
営業時間: 18:00~翌1:00(L.O.24:00)
(変更となる場合がございますので、来店前に電話確認がおすすめです。)
Facebook:https://www.facebook.com/chefsgrille/
Instagram:https://www.instagram.com/chefs.shintoshin/
Twitter:https://twitter.com/chefs_shin


ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。