沖縄の伝統美容くちゃパックがリニューアル「KUCHA OKINAWA」

ABOUT US

「くちゃ」という美容法を聞いたことはあるでしょうか?
沖縄でしか採取することができない貴重な泥のことを指す「くちゃ」。
小さな汚れを巻き込む非常に細かな分子が特徴で、昔から天然のヘアケアとして使用されてきました。
最近では、くちゃを少量の水で溶かして洗い流すスキンケアが方法が、女性たちの間で再び注目を集めています。100%ナチュラルな成分なので肌への負担やアレルギーへの心配が少なく、使い続けることでトーンアップや肌荒れの防止に効果があることも特徴。


今回の記事では、

☑︎そもそも「くちゃ」とは何なのか。
☑︎どんな環境で製造されているのか。
☑︎どのような効果・使い方があるのか。

くちゃに関する様々な疑問を、くちゃの歴史や製造する方々の思いとともにお伝えします。


What is Kucha? -くちゃとは?

くちゃとは、地表5メートル以上で摂取できる灰色の鉱物の一種。
地面の奥深くに蓄積された”泥”をイメージするといいかもしれません。
沖縄では、シーサーや瓦屋根を作る際に使う馴染みのある材料でもあります。

長い年月をかけて蓄積されてきたこともあり、通常の泥よりもミネラルを多く含むくちゃ。細かな汚れを吸収する力を持っているので、昔から女性たちの間では身近な美容法の一つとして親しまれてきたようです。


History of Kucha -歴史

くちゃを最初に使い始めたと言われているのは、川沿いに住んでいた沖縄のおばぁたち。
昔の沖縄では、位を表す”ジーファ”と呼ばれるかんざしで髪をまとめることが女性の常識。彼女たちにとって、長く綺麗な髪を保つことはとても大切なことだったんですね。
そんな当時のおばあたちがシャンプーとして使用していたケアの一つが、分子のとても細かい泥(くちゃ)を使った洗髪方法。
自然から採れるくちゃで頭を洗うことで、髪の毛を痛めることなくしっかり汚れを落とすことができたそうです。

「くちゃをもっと多くの人に広めよう」

いつしかそう思うようになったおばぁたち。彼女たちが那覇の公設市場でくちゃを販売するようになったことが、今日くちゃが多くの人に知られることになった起源とされています。
月日を重ねるごとに、髪以外への効果も認められるようになったくちゃ。長年の商品改良を重ねた結果、「くちゃパック」というフェイスマスクとしての効果も認められるようになってきました。
最近では、科学物質を含まない安心で安全な美容法として選ばれることも多く、数あるクレアパック(泥パック)の中でも、沖縄でのみ採取できる貴重な成分として注目を集めているのです。


Who produces Kucha now? -生産者の思い

くちゃの歴史や起源をお話してくれたのは、現在沖縄で唯一のくちゃ製造を行う「ちむてぃち」の皆さん。西原町に工場を備えた会社を構え、くちゃをはじめ、沖縄の様々な植物や農業商品の製造と品質改良に携わっています。

現在、沖縄南部の一部地域でしか採取できないと言われているくちゃ。
できるだけ自然に近い状態での製造を目指すために、社員自らが足を運んで採取、一つの工場で溶解、不要な混合物の除去、細粉作業、包装までを行なっています。

「自分たちの商品を通して、沖縄の文化を後世に受け継ぎたい」

働く上でこの思いが一番強いと語る「ちむてぃち」の皆さん。
くちゃは、この文化継承への大きな可能性を持つと言います。

日本は、まだまだ化学物質を使用した化粧品やスキンケア方法が広く受け入れられている社会。
しかし欧州を中心として世界は、”一時的な美より” も、”健康で美しい自分をいかに保てるか” を求める動きが一般化されてきている時代です。
肌や体への刺激が少ないナチュラルな美容法に価値が付く中で、日本はまだ遅れている面が多々あると言えるでしょう。

一方くちゃは、100%自然の泥から作られる天然のクレイパック。
沖縄で長く受け継がれる貴重な文化としてだけでなく、安心して長く使える美容法として、世界が認める商品になりつつあります。


Kucha’s effect -効果

さてここからは、くちゃの実際の効果や使い方についてみていきましょう。

くちゃパックを使うことで期待できる効果は以下の3つ。

1. 毛穴の黒ずみや角質の除去
珪酸、酸化アルミニウムなどの豊富なミネラルに加え、非常に細かな粒子を持つくちゃ。少量の水を加えることで独特の強い粘着性を持ち、小さな毛穴の中までしっかり汚れを落とす働きをしてくれます。

2.余分な皮脂をやさしく落とす
くちゃが持つマイナスの電気は、肌の汚れ(タンパク質など)のプラスの電気を引きつける習性を持ちます。
これによりお肌のプラスの成分と反応、吸着して一緒に洗い流してくれるのです。
香料などは一切使用していないので、敏感肌の方でも安心して使っていただけます。

3. 肌のトーンアップ
しっかり汚れを落としてくれるので、一度使っただけでも肌のくすみが消えてトーンが明るくなるのを実感。 
肌の内側へミネラルも与えてくれるので、使い続けることでさらに透明感のある白い肌へ導くことができます。
お顔への使用はもちろん、黒ずみが気になるボディへの使用もおすすめ。伸びがいいので、手の平に軽くのるほどの少量で顔全体をパックすることができます。


How to use Kucha? -使い方

くちゃの使い方はとても簡単。(※使用する前に洗顔を済ませ、軽く肌の水気をとっておきましょう。)

①まずは、適当な容器(すくいやすいように底が浅めのものがおすすめ)を用意し、くちゃ1回分(7g程度)を入れます。

②少量の水(5~7cc程度)を容器に入れ、クリーム状の滑らかな泥になるまで混ぜます。(※パックの固さはお好みで調節できますが、水を入れすぎると肌から流れやすくなってしまうので注意)

③洗顔後の清潔な肌に、目や口元をさけて塗っていきます。

④そのまま10分~15分程度放置し、パックの外側が白く乾いてきたら水かぬるま湯で優しく洗い流します。

使用する頻度は1週間に1回程度でOK。パックで汚れをとった後は、たっぷりの化粧水で保湿してあげることも大切です。

くちゃを使用した人たちからは、

「炎症で赤くなっていたニキビに使うと、翌日小さくなった!」
「使い続けることで、悩みだった白ニキビもできにくくなった!」」
「肌のトーンがアップして、くすみが気にならなくなった!」

このような感想が多く寄せられています。

製造者の皆さんも、

「リピーターのお客様が多いことが嬉しいですね。
沖縄のくちゃが今後も受け継がれ、多くの人に長く使ってもらうことが願いです。」

そう笑顔で語ってくれました。


新しくなった「KUCHA OKINAWA」

歴史を経て受け継がれてきたくちゃパック。
なんとこの度、リブランディングが決定しました!

こだわりは、ギフトとしても喜ばれるようなシンプルで洗練されたパッケージ。ご自身のためにご購入されるのはもちろん、お友達へのプレゼントや県外の方へ贈る沖縄土産としてもおすすめです。

さらに、沖縄の奄美でしか採ることのできないウコンイソマツという成分が新たに配合。こちらは肌のトーンアップに効果的だと言われています。


昔から愛されてきたくちゃの良さにさらなる効果が加わり、若い世代にも親しまれるようデザインもリニューアルされたKUCHA OKINAWA

公式インスタグラムでは、くちゃの最新情報をチェックすることができます。
こちらもぜひフォローしてくださいね!

【KUCHA OKINAWA INSTAGRAM】

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。