肌が生まれ変わる。BWPの毛穴ダイエットとは?

BEAUTY

突然ですがみなさん、松ヤニをつかったパック「BWP(バイオウォーミーパック)」という美容法を聞いたことはありますか?


BWPとは、松ヤニや、ミツロウ(蜜蜂の巣から作られたロウ)アラビアゴム(アミノ酸)といった成分を含んだ温熱パックのこと。
42度ほどに温めてワックスのように使用するのですが、一度使うと誰もがその効果に驚きます。

自分では処理の難しい産毛の処理や毛穴の奥のケア、肌のターンオーバーを促進してくれるBWP。
今回の記事では、その魅力をたっぷりお伝えします。

こんな悩みを抱えていませんか?

①普段のクレンジングで汚れがきちんと取れているか心配
②ニキビや肌の奥に詰まった角質に悩んでいる
③肌のトーンが暗い
④産毛の処理方法

⑤毛穴の開き 

誰もが一度は悩んだ経験を持つのではないでしょうか?


松ヤニを用いたバイオウォーミーパックは、上記全てに効果が期待できる天然のパック。

ゆっくり溶かした松ヤニでお肌を温めながらケアをしていくので、通常のケミカルピーリングのようなお肌への負担はありません。
今までのお肌に満足できていない人は、ぜひ一度体験してほしいパックです。

BWPで期待できる5つの効果

①肌に優しい脱毛

処理方法に悩む人も多いお顔の脱毛。BWPなら、肌を傷つけることなく毛根から産毛を取り除く効果があります。
産毛がなくなるだけで肌の明るさはアップ。化粧ノリも格段に良くなります。

②毛穴の汚れをケア
目には見えないメイク残りや皮脂汚れもスッキリ落としてくれるBWP。お肌を温めながら行うので、肌への負担も軽減。

③顔ダニの除去
ニキビの原因にもなる顔ダニ、実はほぼ全員の肌に寄生していると言われています。BWPは、温パックの効果で顔ダニの退治と過度な繁殖を予防。肌荒れの改善が期待できます。

④角質ケア
普段の洗顔では取ることが出来ない古い角質もしっかり除去。定期的な使用とパック後の保湿をしっかりすることで、肌が見違えるほど綺麗になります。

⑤肌環境の改善
肌を温め、天然のパックでピーリングすることで、肌環境を活性化。健康な肌に必要なターンオーバーを促進します。

定期的に行うことでその効果はさらにアップ。回数を重ねるごとに自分のお肌に艶が出てくることを実感、あなた自身が持つ本来の美しい肌へと導きます。

また、BWPのもう一つの魅力は自分で施術が出来るようになること。
最初の施述はスタッフと一緒に行いますが、慣れてくると塗って剥がすというパックの全工程を自身でも行うことができます。

気になる箇所を中心にケアすることも可能。肌としっかり向き合うことに繋がります。

パック後の保湿ケアも大切

BWPを使用した後は、汚れが取れる一方で毛穴が開きデリケートな状態。その後の保湿とケアをしっかり行うことが、綺麗な肌を保つ大切な秘訣です。

効果的なケア方法:「ローション洗顔

BWP後に特に効果的とされているのが、ローション洗顔と呼ばれる保湿ケア。
天然成分のローションを使ってくるくるとマッサージすることで古い角質をふやかし、汚れが落ちた後に今度はローションを塗りこんで保湿するケア方法です。
BWPで定期的なケアをすることももちろん大切ですが、毎日の洗顔に丁寧に気を使うこともとても重要。

It’s meでは、BWPとジェルエステ両方の施術が可能

那覇・久茂地にあるIt’s meでは、エステブースにてBWPジェルエステ両方の施述が可能。
最初はスタッフと一緒にその効果を知ってもらい、セルフケアの方法等を丁寧にお伝えします。
ご相談やご質問はインスタグラムのDMからも受け付けていますので、詳しくはIt’s me公式アカウントをご覧ください。

予約フォームはこちらから

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。